【バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ】50代の再婚活・出会いにおすすめのアプリ

シニアの出会い

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリの選び方

選び方1・目的に合っているアプリを選びましょう

マッチングアプリは、どのようなものを使っても同じと思っていませんか?ですがマッチングアプリごとにユーザーの年齢層や目的などの点に違いが存在しています。バツイチの50代の方が10代や20代のユーザーが多いアプリを選んでしまうと、相手探しが難しくなることもあります。またバツイチとの再婚がOKなユーザーが多く利用しているマッチングアプリを探しましょう。自分の目的に合った形で利用できるマッチングアプリを使うことで、50代やバツイチという一般的な婚活では不利な要素がある場合でも、相手が見つけやすくなります。逆に目的と合わないものを選んだ場合、マッチングできる可能性が低くなってしまうので注意が必要です。まずはどのようなマッチングアプリがあるのか調べて、目的に合った形で使えるものを選びましょう。

選び方2・会員数が多いアプリを選びましょう

スムーズにマッチング相手を探すためのコツが、会員数の多いマッチングアプリを選ぶことです。累計会員数が1000万人を突破しているアプリもあれば、会員数が100万人以下のアプリも存在しています。会員数が多いアプリほど、同じ条件で検索したときに該当する方の人数が増えます。出会いのチャンスを増やして相手を見つけるためにも、マッチングアプリにおける会員数に注目することが大切です。また全体の会員数だけではなく、年齢別や男女比なども確認しましょう。若い人が中心で50代の同世代が少ないアプリもあれば、比較的50代も多く利用しているアプリもあります。異性の会員数が極端に少ない場合も相手が見つけにくい場合もあるため、マッチングしたい相手の年齢層が多く利用しているかという点も含めて、人数の問題を考えてみましょう。

選び方3・安全性の高いアプリを選びましょう

マッチングアプリの利用で注意が必要なポイントの1つが、安心して出会える相手に巡り合えるかという点です。インターネット上で知り合った相手と、何らかのトラブルが起きてしまうケースも見られます。詐欺目的で出会うためのサービスを使っている方もいるため、リスクを避けるために安全性の高いアプリを選ぶことが大切です。運営側が信頼できる会社なのか、監視体制は整っているのか、危険なユーザーをブロックできる機能があるのかなどの点に注目しながら、安全性が高いアプリを探しましょう。また実際にマッチングアプリを使ったユーザーの意見から、安全に利用できるのか、サクラや業者の意見は少ないか確認してから利用するアプリを選ぶことも可能です。

選び方4・婚活への真剣度が高いアプリを選びましょう(公式HPに記載あり)

婚活目的でマッチングアプリを利用したいと考えている場合、同じように真剣に婚活をしている方と知り合えるマッチングアプリを選ぶことが大切です。利用するマッチングアプリによっては、婚活目的といっても真剣に出会いを探している方が少ない場合も多く見られます。中には遊び目的で利用しているユーザーが多いサービスもあるため、真剣に婚活をしたい方が多く利用しているアプリを見つけることが大切です。マッチングアプリの公式HPをチェックすることで、婚活を真剣にしている方が多いサービスなのか情報を集められます。公式HPに婚活だけではなく、他の目的の出会い探しにも向いていると書かれているアプリではなく、婚活のみを目的としているマッチングアプリを選んだほうが真剣交際を希望している方に出会える可能性が高くなります。

バツイチの50代にマッチングアプリがおすすめの理由

シニアにおすすめのマッチングアプリ

理由1・婚活、再婚活が目的のユーザーが多く出会いやすい

バツイチ50代にマッチングアプリが適している理由の1つが、婚活や再婚活を目的としているユーザーの利用者が多いからです。出会いの機会があったとしても、目的が異なる人の場合には、良い関係を築くのが難しくなります。同じように婚活や再婚活をしているユーザーが多いマッチングアプリであれば、バツイチで50代という方であっても、良い出会いを探しやすくなります。1つのアプリに同じ出会いを探している方が多く集まっていることで、多くの出会いのチャンスの中から相性の良い相手を見つけられるチャンスがあると押さえておきましょう。また多くのユーザーが登録していることで、普段の行動範囲の中では知り合う可能性が低い方と出会えるチャンスも多く存在しています。

理由2・自宅で手軽に相手を探すことができる

再婚活をしたいという思いがあっても、バツイチの50代となると外へ出かけて積極的に出会いを求めるのは面倒と感じる場合もあるでしょう。そのような場合でも探しやすい出会いの方法が、マッチングアプリの利用です。マッチングアプリがバツイチ50代に適している理由には、自宅で手軽に相手を探せるという点もあげられます。スマホ1つで時間や場所を選ばずに利用できるマッチングアプリは、外に出て積極的に活動するのが面倒という方でも利用しやすくなっています。また少ない時間で出会いを探すことが可能なので、最初は軽い気持ちでどのようなサービスなのか使ってみることが可能です。比較的安く利用できるアプリも多いため、気軽に試してみようという気持ちを持つことも大切です。

理由3・条件検索で理想の相手に出会いやすい

再婚を希望している場合でも、条件に合う理想の相手を探すのが難しいというイメージから行動するのをためらってしまう方も多くいます。ですがマッチングアプリの場合、条件検索の機能を利用することで、理想の相手に出会いやすいという特徴があげられます。実際に条件検索をする場合、居住地や年齢だけではなく、趣味や結婚に対する価値観などさまざまな条件を指定して相手を探せます。1つの条件だけではなく、同時にいくつもの条件を指定することが可能なので、譲れない条件は何か考えてから検索してみましょう。人気が高いマッチングアプリは、毎日のように新しい登録者が増えている可能性もあります。そのため同じ条件で検索する場合でも、昨日と今日では違う検索結果が出るケースも見られます。定期的に同じ条件で検索して、相性のよさそうな方を見つけましょう。

理由4・バツイチのユーザーでも出会いが期待できる

マッチングアプリでさまざまな出会いを探せるチャンスがあると言われても、バツイチのユーザーだと結婚相手を探すのは難しいと考えてしまう方も多くいます。しかし多くの出会いが期待できるマッチングアプリでは、バツイチのユーザーであっても良い出会いが期待できます。中には初婚の方ではなく、バツイチのほうが魅力的に感じるというユーザーが登録している場合もあるため、バツイチだという点をマイナスに捉えずに婚活することが大切です。特に再婚活希望者が多いマッチングアプリなら、バツイチに抵抗がないユーザーが多い傾向が見られます。そのようなアプリを選んで登録することで、バツイチが婚活でマイナス要素になるリスクは低くなります。

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ1・Pairs(ペアーズ)

40代におすすめのマッチングアプリ・ペアーズ

運営会社 株式会社エウレカ
ユーザーの年齢層 20代~60代
会員数 累計2000万人以上
利用目的 婚活・恋活・友達作り
料金 女性:無料
男性:3700円~/月
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・日本国外からの利用禁止
・年齢認証
・通報、ブロック機能
・TRUSTe認証マーク取得

Pairs(ペアーズ)の無料登録はこちら

ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ2・youbride(ユーブライド)

40代におすすめのマッチングアプリ・ユーブライド

運営会社 株式会社Diverse
ユーザーの年齢層 30代~40代
会員数 累計250万人
利用目的 婚活・恋活
料金 男女同額:2400円~/月
安全対策 ・年齢認証
・ニックネーム登録可
・ブロック機能、通報
・24時間365日の監視パトロール

youbride(ユーブライド)の無料登録はこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・ユーブライド

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ3・マリッシュ

40代におすすめのマッチングアプリ・マリッシュ

運営会社 株式会社マリッシュ
ユーザーの年齢層 30代~60代
会員数 累計200万人以上
利用目的 婚活・再婚活・恋活
料金 ・女性:無料
・男性:3400円~/月
安全対策 ・年齢確認
・24時間365日のサポート、監視体制
・実名ではないニックネーム制
・連絡先を交換せずにビデオ通話可能

マリッシュの無料登録はこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・マリッシュ

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ4・Match(マッチドットコム)

遊びたい40代におすすめのマッチングアプリ・マッチドットコム

 

運営会社 マッチドットコムジャパン株式会社
ユーザーの年齢層 30代~50代
会員数 200万人
利用目的 恋活・婚活・友活
料金 男性・女性:4490円/月~
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・年齢認証
・通報、ブロック機能
・TRUSTe認証マーク取得

マッチドットコムの無料ダウンロードはこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・マッチドットコム

 

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ5・ゼクシィ縁結び

40代におすすめのマッチングアプリ・ゼクシィ縁結び

運営会社 株式会社リクルートゼクシィナビ
ユーザーの年齢層 20代~30代
会員数 50万人
利用目的 婚活・恋活
料金 4378円/1か月プラン(クレジットカード支払い)
安全対策 ・24時間審査、パトロール
・通報機能
・ブロック機能

ゼクシィの無料登録はこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・ゼクシィ縁結び

マッチングアプリでバツイチの50代が出会うコツ

コツ1・離婚歴や子持ちを隠さない

婚活をする際に、離婚歴や子供がいると出会いが期待できないというイメージを持っている方もいます。しかしマッチングアプリで50代バツイチが出会いを探すのであれば、離婚歴や子持ちを隠さないことが大切です。離婚歴や子持ちであることを隠していたことがバレると、誠実な相手ではないという印象を与えてしまいます。相手に信用してもらうためにも、最初にバツイチや子持ちであることを伝えましょう。またマッチングアプリの場合、プロフィールの自己紹介文でバツイチや子供がいることを記載できます。プロフィールに必要な情報を書いておくことで、バツイチや子持ちの方でも抵抗がないという方とマッチングしやすくなります。隠そうと思っても付き合ったらバレることなので、隠さず誠実に相手と向き合うことを心がけましょう。

コツ2・子供を第一に考える(自分の子供&相手の子供)

マッチングアプリで相手を探すとき、子供のことは後回しにして婚活に集中したいと考える方も多くいます。ですが良い出会いを期待したいのであれば、子供を第一に考えることが大切です。特に再婚活を望んでいる方同士の出会いだと、自分だけではなく、相手にも子供がいるケースも多く見られます。相手にも子供がいる場合、自分の子供を大事にしていないと思われると印象が悪くなります。自分の子供を大事にしながら婚活をしている姿勢が相手に伝わることで、同じように相手側の子供も大切にしてもらえると思われるため、マッチングした相手と良い関係を築きやすくなると押さえておきましょう。またデートする場合、相手の子供のことも考えてスケジュールを決めることが大切です。

コツ3・無理に結婚を急がない(50代活は慎重に)

50代という年齢を考えた場合、婚活は急いで行うことが大切と思って焦ってしまう方も多くいます。ですが焦って結婚を決めてしまうと、結婚してからイメージとのギャップに気づいて後悔する結果となる可能性があります。また無理に結婚を急いでいると、マッチングした相手に焦っている様子が伝わって嫌がられる可能性もあります。急ぎたい気持ちがあっても、相性の良いパートナーを見つけるために慎重に50代活を進めることが大切です。50代の婚活は、長く生きてきた分だけ今まで他人だった相手のライフスタイルを受け入れるのが難しい部分もあります。相手を受け入れて一緒に生活を始めることができるのか、メッセージのやり取りやデートなどを重ねて慎重に見極めましょう。自分だけではなく、子供のことを考えた決断をすることが大切です。

コツ4・前の配偶者と比較しない

無意識のうちに、前の配偶者とマッチング相手を比較してしまう方も多くいます。ですが前の配偶者と比較されたという事実は、相手を傷つけるだけなので、口に出していうことは避けましょう。別れた相手と比較されるのではなく、自分自身を見て判断して欲しいと多くの方は考えています。また比較ばかりをしていると、マッチング相手自身の良さが見えてこない場合もあるため、比較をしないように注意が必要です。大切なのは、前の配偶者と比較して良い相手かどうかではなく、マッチング相手と一緒に過ごして良い関係を築けるかどうかです。異なる人と結婚したら、違った結婚生活になるのは当たり前のことです。新しい家庭を築いていくためにも、比較は避けてその人自身を見ることを忘れないようにしましょう。

コツ5・離婚の反省点を活かす

バツイチであることは婚活で不利に働く要素ではなく、過去の反省点を活かすことができればメリットにつなげることが可能です。例えば離婚に至った原因には、話し合い不足や価値観の違いなどがあげられます。そのような場合は反省点を活かすために、婚活の際にはお互いのことをよく話し合って価値観が合っているか確認することが大切です。人によって離婚の原因や反省するべき点には違いがあるため、自分ならではの離婚の原因や反省点を活かして、婚活でどのような点に注意するべきか考えることが大切です。婚活をする中で新たな反省点が見えてくることもあるため、定期的に自分の注意するべきポイントを見直し、より良い婚活ができるようにしましょう。

コツ6・将来についてしっかり話し合いができる人を選ぶ

バツイチ50代の婚活で注意が必要な点が、老後も考えた将来について見据えて婚活を進める必要があるという点です。会社員の方であれば、すぐに定年を迎えてライフスタイルが変わってくる可能性が高くなります。ライフスタイルが変わったとき、どのように過ごしたいのかという意見が食い違っている場合、再婚後に良い関係を築きにくくなってしまうケースもあるため注意が必要です。そこでバツイチ50代が再婚相手を選ぶなら、将来についてしっかり話し合いができる方を選びましょう。自分たちの老後のことやお互いの子供のことを話し合える方であれば、結婚後に意見の食い違いがあってもお互いの意見をすり合わせながら良い関係を築きやすくなるかもしれません。

マッチングアプリでバツイチ50代の再婚活を成功させるコツは?

成功のコツ1・プロフィール欄は丁寧にしっかりと書きましょう

プロフィール欄に自分のことをきちんと書記すことを行うのは、当然で相手の方に理解をしてもらいたいという気持ちが強いのであれば、プロフィール欄は丁寧にしっかりと埋めるべきです。特に50代ともなると問われるのは文章力で年齢が高いがゆえ、求められるのは単的にかつ丁寧に自分を表現する能力が求められます。この部分については、ビジネスと同じだと考えると分かりやすく、自己紹介において単的にかつ丁寧に相手に自分の印象を伝えて理解をしてもらうことが50代という年齢層には求められますので年齢が高くなればなるほど自分を売り込む方法に長けている必要性があり、その方法の一つが自己紹介であるということです。逆に、50代になっても文章力が低い場合、年齢の割に文章を書記す能力が低いということから女性の方は避けるやもしれないです。

成功のコツ2・条件を絞りすぎない(理想が高すぎるのはNG)

理想が高すぎるというのは、マッチングアプリにおいて、再婚活という手法においては望ましくはないです。なぜなら、理想は高くなればなるほど完璧な人物を求めるという形になりますので、自分はどうなのかという方向から跳ね返ってくるのです。つまり、再婚という形において、第3者が再婚を望む人物という物を完璧な人物であると認めるかという問題がありますので、妥協というものが必要だということになります。妥協しないというのはある意味では強みなんですが、ある意味では弱みになります。このケースにおいては、じゃあ、自分はどうなの?という方向で見られた場合、自分はそんなに完璧な人間ではないです。という方向に話が進んでしまうため、マッチングアプリで完璧を求めるのは再婚云々に関係なく、望ましくないんですね。

成功のコツ3・婚活、再婚活を希望する人だけにアプローチする

再婚活を成功させるには、婚活や再婚活を希望する人だけにアピールすることが重要で、結婚という物を考えている人にのみアタックする、ということが重要です。幸いなことにマッチングアプリによっては、婚活を希望する人物とか、再婚を希望する人物の身に焦点を当てて検索をするということも可能なため、この問題についてはシステム自体が解決をします。なお、結婚詐欺師についてはこの部部分を悪用してついてくるんですが、結婚詐欺師の場合、お会いするまでにテンプレートのようなものがありまして、異様に早期にお会いしようという方向で話が進むため、結婚詐欺師が再婚者とか結婚を希望して接触を測ろうとしてくる場合、あまりに早期にお会いしようという流れになり、話し合う必要性が無いという方向で接触をしてくるため、冷静に考えれば相手の異様さに気が付きます。

成功のコツ4・メッセージは丁寧に書く

再婚を成功させるには、相手とやり取りをする際のメッセージが重要です。これは、プロフィールではなく、相手と直接やり取りをするメッセージのことを指します。なお、文章の構成自体は相手に合わせる必要性は無いです。特に陥りがちなのが相手の文章校正に合わせようとした場合、文章が幼稚になることで本当にこの人物は50代の年齢層なのか?という疑問ができる方が反って悪い印象を与えるので文章校正を相手に合わせる必要性はありません。特に20代の文章校正と50代の文章校正を鑑みた場合、ビジネスの文章を参考にすれば分かるかと思いますが、幼稚さがあると若いという印象を与えますが、50代の人物が20代と同じ文章校正でビジネス文章を書記すと相手が不安に思うのは、文章力の幼稚さが表れているがゆえです。

成功のコツ5・結婚を焦らない

結婚を焦るというのは、望ましくない部分で、焦りは相手に文章や会話という形で伝わります。なぜ、焦りは問題になるかと言うと、焦りは結論を急ぐがゆえ相手の決定権を奪うんです。ビジネスで考えてみますととても分かりやすい問題で焦りは相手との商談においてこちらの望む方向ありきで話が進んでしまうという問題があるのです。なので、ビジネスでの焦りは、初めから顧客の望みをかなえるつもりはなかったと相手が言い出すと途端に交渉が決裂するうえ相手側が激怒するのは決定権が無いのにビジネスであると言うがゆえです。つまり公平性が無い、公平性が無いのに片方だけが得をすることを追求している姿勢がビジネスだというから相手は激怒するんですね。それと同じで、結婚を焦ることで相手の決定権を奪えば相手が激怒するのは当たり前です。

マッチングアプリでバツイチ50代が再婚活をするときの注意点は?

注意点1・遊びやヤリモクに騙されないで!

再婚をするときの注意点については、マッチングアプリの場合、遊び目的の他ヤリモクという問題に騙されないという点が重要です。こうした目的がある人物は接触をするに際して結論がありきなんです。そのうえで、公平性が一切ないと見て取れる部分もあれば、無理やり公平であるという方向に持っていきたい人もいます。ここが注意点で、公平性が一切ない人物の場合、接触した際に相手の危険性が分かりますが、無理やり公平だという方向に話を持っていこうとする人の場合、お金を支払ってでもヤリモクという目的を達成しようとします。よって騙されないようにするには、相手側が求めるものが何かを突き止める、そのうえで相手が結論を出すまでもしくは、一度お会いしましょうということを言い出すまでの期間が異様に短いかなどを注意してみていく必要があるでしょう。他にも人物の評判が分かればその人物が要注意人物かというもの知っておくとよいです。

注意点2・宗教や投資などの勧誘に騙されないで!

マッチングアプリは、ビジネス目的で接触を測ろうとする人が多く、異様に整ったプロフィールの人は怪しんだ方が良いです。いわゆるテンプレという物を多用していてどこかで見たことがあるぞという人は特に注意です。おそらく宗教とか投資のお話である可能性が高いので、異様に整っていてどこかで見たようなテンプレのような文章の人は避けるべきでしょう。というのも、ビジネス目的でマッチングアプリを使用している人は、誠実であるというイメージをテンプレートから作り出そうとしているから文章が変に硬く、かつ整いすぎているんですね。要は変に完璧すぎる、容姿が異様に良いとか、文章力が高いように見えるんだけど、どこかテンプレートみたいだというのは回避すべく人物です。

注意点3・プロフィール詐欺に注意して!

プロフィール詐欺というのは、実物と写真が違う人じゃあないですかという問題です。もしくは、プロフィール欄に嘘の情報を記載している完璧な人を演じている人のことです。早い話がプロフィール詐欺は詐欺師のことで自分をよく見せるために用いる手法です。これは誰でもできるうえ、判別については完璧すぎる人間は怪しいという方向で怪しむしかないです。異様に美人である。異様に収入が良すぎないかなどがまさにプロフィール詐欺をしている人物だと判断するわけです。この判断は正しいと言え、収入が良い人物とか美人の人は結論を行ってしまうとマッチングアプリなんかを使用せずとも人が集まるので結婚について焦りを感じることは無いとみてよいです。にもかかわらず、美人過ぎる人収入が良すぎる人がマッチングアプリにいる、怪しむべきでしょうというわけですね。

注意点4・安全性の高いマッチングアプリを選びましょう

マッチングアプリの中には、年齢確認すらしないというとても危険なアプリがあります。なぜ、そんなアプリが?と思われるでしょうがこれは、情報を収集していると予想します。つまり、マッチングアプリを装って個人情報を抜き取りたいという考えを持つ人物においてはアプリを自作して公開することで情報を収集しているということですね。だから、安全性の高いアプリはとても重要で事業者が分かっている物が望ましく、かつ特集などが組まれたアプリである必要があるんです。特に名が知られていないアプリは危険で、仕組みもわからないアプリは特に危ないです。よって、特集が組まれているとか、よくインターネット上で宣伝しているアプリを使用しておくのが望ましいというわけです。

バツイチの50代におすすめのマッチングアプリ・50代で出会うコツまとめ

バツイチの50代の方にお勧めのマッチングアプリについては、ペアーズなんかがおすすめですし、マリッシュなんかもよいでしょう。他にも、ブライダルネットなどもおすすめです。いずれも肝心なポイントは結婚を前提としているアプリであるかどうかが重要で、逆に気軽に遊びに行こうというようなタップルのようなアプリは望ましくないアプリです。そして50代という年齢において求められるのは、50代という貫禄ですから、文章力が幼稚だというのは婚活を進めていくうえでは得にならないです。50代にふさわしい技能は何かという点を頭に入れてマッチングアプリを使用するのが望ましく、相手側が何を求めるだろうかを予想したり、結婚についての焦りを見せないという余裕もないと女性は、50代の割に焦りがあり幼稚にも見えるということから遠ざかってしまうというわけですね。

関連ページ:【マッチングアプリ比較料金】相場と一覧を徹底比較します!

タイトルとURLをコピーしました