【バツイチにおすすめのマッチングアプリ】再婚活したいバツイチが出会えるマッチングアプリ

クリスマスの告白について

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリの選び方

選び方1・目的に合っているアプリを選びましょう

マッチングアプリにはそれぞれ得意不得意というものが存在しており、目的に会っているアプリを選ぶことがとても重要です。例えば、ペアーズなどは結婚を前提としたお付き合いをする結婚仲介所という役割を担うアプリですが、デートだけを楽しむなど遊ぶことを目的としているアプリにおいてはタップルを使用するなど目的に合致しているアプリを選ぶというのが重要です。なぜなら、再婚をしようと考えているのであれば問題になるのが、相手の結婚意識になり、相手側の結婚意識が薄ければ薄いほど再婚がアプリを通して望めなくなりますので目的に合致しているアプリを選ぶということはお互いの目的が一致しやすくなるからです。目的が一致しないとマッチングアプリはほぼ役に立っていないとみていいわけですね。

選び方2・会員数が多いアプリを選びましょう

どんなに目的に合致している、アプリの機能が分かりやすく使いやすくとも会員の数が少ないと意味がありません。会員数が少ないという問題は、利用者が少ないという問題です。利用者が少ないと何が問題であるかと言うと、競争が生まれるうえ、地域によっては競争すら生まれないです。いわゆる過疎という状態でマッチングアプリは地域で利用者である人物が地域登録をしているため、エリアでマッチングをした場合においては会員数が物を言います。なので、会員数が少ないと地方などでは利用者がそもそも存在しないという方向からマッチングアプリを通してもマッチしないのです。マッチしないということは再婚相手を探す事が事実不可能になりますので会員数が多いというのはそれだけマッチング率を高めるのです。

選び方3・安全性の高いアプリを選びましょう

マッチングアプリ選びにおいて、安全性は重要です。なぜなら、マッチングアプリの中には、運営実績すらわからない会社がアプリと称してマッチングアプリを展開していることがありますが、運営実績が分からない会社の場合、セキュリティ概念という問題で問題を起こしていることが多いがゆえです。つまり、セキュリティが機能していないから個人情報を抜き取られたり、会社によっては未成年ではないかどうかという確認すら怠っているアプリも存在するため、マッチングアプリで問題になった、未成年者の利用という問題に対処していないこともあるがゆえです。セキュリティ概念の意識の低さの問題については個人情報の流出の他悪用というものが考えられるため、安全性の高い実績のあるアプリを選ぶことはとても重要です。

選び方4・婚活への真剣度が高いアプリを選びましょう

マッチングアプリには、公式サイトというものが存在するアプリが多く公式サイトに婚活目的で使用するアプリですよ、と記載しているアプリを使用するのが再婚を考えている方の場合ベストです。実はアプリには特性という物を公式サイトで発表しているアプリも多く、利用者層の募集をしているアプリも多いのです。なので、再婚を目的としている場合、婚活目的で使用することを公式サイトで明記しているアプリは望ましい結果を得られる可能性が高いです。反面に、公式サイトが存在しておらず、様々な人と出会えるというあいまいな表現のアプリは望ましいと言えず、その理由は公式サイトを立ち上げずにお客の集客を得ようとしている点でこの場合、applestoreやGooglePlayなどでアプリを紹介するほかなく、公式サイトが存在しないアプリは得られる情報は少ないのです。

バツイチの婚活にマッチングアプリがおすすめの理由

理由1・婚活、再婚活が目的のユーザーが多く出会いやすい

これは、再婚とか婚活の目的のユーザーがマッチングアプリを利用するユーザーの中に多いがゆえ、出会いやすいという利点からマッチングアプリがおすすめであるということです。お見合いという手法もよい方法ですし、結婚相談所という方法もベストな方法なんですが、問題となりやすいのが結婚仲介所の利用者が実はマッチングアプリに流れてきているという事実です。なので、マッチングアプリで婚活とか再婚活をするというのが主流である今、マッチングアプリを通して婚活をするか再婚をしたほうが結婚相談所よりも出会いやすいというわけです。そして何よりも年会費という物を考えた場合、結婚相談所よりも安価に抑えることが可能であるということを踏まえるとマッチングアプリでサインや結婚を考えたほうがベストだというわけですね。

理由2・自宅で手軽に相手を探すことができる

これは、結婚相談所やお見合いには存在しない利点で、自宅に居ながらパートナーを探せるという利点です。この利点は、結婚相談所の場合、相談所に赴かないと登録されている会員からパートナーを探し出すことができないという問題で、気軽さにおいてはマッチングアプリが一番です。なお、結婚相談所も、マッチングアプリが家で相手となるパートナーを探せるという方向から、事態を重く受け止めていて結婚相談所も近年ではマッチングアプリのように自宅からパートナーを探せるようになるなどの対応をしていたりとマッチングアプリの機能を取り入れつつあります。ですが、完全なマッチング機能という観点においては、マッチングアプリが上ですし、何よりも会員数が大きく異なり、パートナーとなる異性の数が多いという利点がマッチングアプリには存在します。

理由3・条件検索で理想の相手に出会いやすい

これは、マッチングアプリに付与されている条件検索機能のことを指します。マッチングアプリには、理想の異性を探すためにある程度細かく条件を打ち込み相手を探し出すことが可能です。これらは自分で入力するという手法上結婚相談所のように第3者であるアドバイザーに意見をして探してもらうという手法と比べると自分の意見が100パーセント反映されます。ここが利点で、結婚相談所の場合、以外にも意見が却下されることがあり意見を聞き入れてくれなかったということで結婚相談所の利用を取りやめてしまうユーザーもいるんです。その点、マッチングアプリは自分の意見が100パーセント受け入れらえるうえ結婚相談所のアドバイザーのように意見が却下されることもないので理想を高くすることも可能です。

理由4・バツイチのユーザーでも出会いが期待できる

バツイチのユーザーでも、出会いというものが期待できるのがマッチングアプリです。期待できると紹介していますが、マッチングアプリは絶対という物を約束しないため、期待できるという表現になります。この表現については、他の結婚相談所も同じで、期待できるという表現の物が多いです。というのも絶対に出会えるということを保証した場合、第3者を強制的に仕向けて出会いを提供するという流れになりますので理想的な流れであると言えません。だから、マッチングアプリはあくまで出会えるかもしれないという物を保証するにとどまっていて絶対に出会えるという点を保証しないのです。この点については、絶対に出会いができるというアプリも実はありますが、かなり高額なVIP型のマッチングアプリになりますのでおすすめについてはしないです。

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ1・Pairs(ペアーズ)

40代におすすめのマッチングアプリ・ペアーズ

運営会社 株式会社エウレカ
ユーザーの年齢層 20代~60代
会員数 累計2000万人以上
利用目的 婚活・恋活・友達作り
料金 女性:無料
男性:3700円~/月
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・日本国外からの利用禁止
・年齢認証
・通報、ブロック機能
・TRUSTe認証マーク取得

Pairs(ペアーズ)の無料登録はこちら

ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ2・youbride(ユーブライド)

40代におすすめのマッチングアプリ・ユーブライド

運営会社 株式会社Diverse
ユーザーの年齢層 30代~40代
会員数 累計250万人
利用目的 婚活・恋活
料金 男女同額:2400円~/月
安全対策 ・年齢認証
・ニックネーム登録可
・ブロック機能、通報
・24時間365日の監視パトロール

youbride(ユーブライド)の無料登録はこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・ユーブライド

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ3・マリッシュ

40代におすすめのマッチングアプリ・マリッシュ

運営会社 株式会社マリッシュ
ユーザーの年齢層 30代~60代
会員数 累計200万人以上
利用目的 婚活・再婚活・恋活
料金 ・女性:無料
・男性:3400円~/月
安全対策 ・年齢確認
・24時間365日のサポート、監視体制
・実名ではないニックネーム制
・連絡先を交換せずにビデオ通話可能

マリッシュの無料登録はこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・マリッシュ

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ4・Match(マッチドットコム)

40代におすすめのマッチングアプリ・マッチドットコム

運営会社 株式会社エウレカ
ユーザーの年齢層 20代~40代
会員数 200万人
利用目的 恋活・婚活
料金 男女同額4490円/1か月プラン
安全対策 ・インターネット異性紹介事業に届け出済み
・年齢確認
・MSPJ(一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト)加入
・24時間365日の運営パトロール

マッチドットコムの無料ダウンロードはこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・マッチドットコム

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ5・ゼクシィ縁結び

40代におすすめのマッチングアプリ・ゼクシィ縁結び

運営会社 株式会社リクルートゼクシィナビ
ユーザーの年齢層 20代~30代
会員数 50万人
利用目的 婚活・恋活
料金 4378円/1か月プラン(クレジットカード支払い)
安全対策 ・24時間審査、パトロール
・通報機能
・ブロック機能

 

ゼクシィの無料登録はこちら

40代におすすめのマッチングアプリ・ゼクシィ縁結び

マッチングアプリでバツイチの再婚活/再婚で失敗しないポイント

ポイント1・離婚歴や子持ちを隠さない

離婚歴や子持ちという存在をマッチングアプリで隠すのは望ましくないです。これはおそらく失敗する流れになり、子供の存在や離婚歴については隠さずに正直に記した方が良いです。なぜなら、後から子持ちであるとか離婚している事実が分かると相手側は今までのことが嘘であるという認識を持ちます。この場合、結婚していないとか子供がいないという事実が嘘だったということになりますので、信用というものが大きく失われます。人間は、信用という物を失った場合、取り返すことができないかほぼできない状況になります。だから信用を失った人物の多くは誰からも信じてもらえなくなり最後は望ましい結果にならずに苦しむというわけです。そうした問題にならないためにはあえて離婚歴と子持ちであることを隠さないのが良いわけです。

ポイント2・子供を第一に考える

マッチングアプリを通して再婚をする場合、子供の気持ちを考える必要があり、相手の子供や自分の子供のことを考えなければなりません。これは親として当然の義務になり、相手側も再婚をする場合、親になるわけですから、自分の子供でない子であっても親であるという自覚を持つ人物でなければなりません。ここが多くは問題になり、他人の子供を自分の子供と思えず、再婚した相手との間に生まれた我が子だけを可愛がるなどになれば、親子関係はかなりいびつになります。いびつな家族関係は子供を通して様々な差別という問題に発展し得るため、子供を第一に考えることが重要で、子供の存在をないがしろにしたり差別をしてしまうようであれば、マッチングアプリを通して再婚することは望ましくないです。

ポイント3・無理に結婚を急がない

これは、無理に結婚を急いだというケースで、再婚活を急ぎ過ぎたという問題です。つまり、あまり望ましい相手と結婚しなかったということで後悔したというものです。この問題は、なぜ焦ったか?という部分が?問題で恐らく焦りの原因は、年齢という物を気にしたと思われます。つまり、周りの結婚している年齢層を鑑みて、自分はどうであるかということで比較をしたがゆえ、結婚を急いだという結論です。これは、人間の真理において、人と同じでなければならないという心理が働いたがゆえに起こる問題です。逆を返せば人と異なることをしてでも結婚をできたという事実の方が実は重要で、案外周りの人物も周りが結婚しているから結婚、という流れになっているだけかもしれないため、無理に結婚を急ぐ必要性はないです。

ポイント4・前の配偶者と比較しない

前の配偶者と比較する、これは会ってはならない考えで、比較するというのは、差別することに繋がります。例えば、前のパートナーの年収が700万だったと仮定して、今度のバートナーは350万円です九合という結論を出せば、これはいずれ差別につながっていきます。比較というのはよい意味では性能差を比べて冷静に分析することでよい方向を取るという意味になりますが、悪い意味では荒探しであり差別主義に傾向する行為です。比較するという行為の問題点は劣っている、優れているという部分にのみ着目していないため、中身を見ようとしません。総合的にどうであるかという決断を出してその決断について納得できるのであれば、比較すべきでしょうが、損得勘定という考えに移行してしまう人の場合、人間を比較すべきではないです。

ポイント5・離婚の反省点を活かす

離婚の反省点を生かすというのは、失敗から学ぶという姿勢を意味します。この姿勢はかなり重要で、失敗から学ぶという反省点を持たないと同じことを繰り返します。同じことを繰り返す問題については、結末が同じになるという点、そのうえで年齢がどんどんと高くなり、再婚が難しくなるという問題です。だから、離婚の反省点を生かして次の再婚につなげるのはとても重要で学習することがとても重要です。無論、学習については個人差がありますが、この問題は姿勢が一番重要で、学習速度についてはどうでもよく、失敗の反省点を生かそうという心掛けが一番重要です。この心掛けが薄いと、前と同じ失敗をしてトラブルになり離婚するという事態になりえるかもしれないため、学ぶことはかなり重要です。

ポイント6・将来についてしっかり話し合いができる人を選ぶ

結婚においては、将来のビジョンというものが重要で未来設計について話し合っていくことが重要です。なので、将来について話し合える人物を選ぶのが重要です。未来設計の重要性については、将来が良い方向に転ぶか悪い方向に転びそうであるかという場合において保険を作ることを意味します。保険を作れる人と結婚することはとても重要でいざというときに頼りになるのが保険という存在です。ここをおろそかにすると将来について望ましくない方向になった場合、どう乗り越えるかという部分が保険を持つ人と比べると難しくなるのです。よって将来設計において保険という存在を考えている人は望ましいパートナーでしっかり話し合いができる人物は望ましいパートナーですが、話し合いを拒否するとなると将来設計に暗雲が立ち込めますので望ましいパートナーだと言い切れません。

マッチングアプリでバツイチの再婚活を成功させるコツは?

成功のコツ1・プロフィール欄は丁寧にしっかりと書きましょう

プロフィールはほとんどのマッチングアプリで必要となる項目です。自分の画像、コメント、プロフィールを入力するものが多い傾向にあります。
バツイチの方の場合、悩んでしまうのは「バツイチであるか書くべきか」という点でしょう。これは出来るだけサラっと書いておくことをおすすめします。自己紹介やプロフィール欄に「バツイチです」のコメントを入れるだけでも問題ありません。
気をつけたいのは、バツイチ理由を細かく記入することです。相手の浮気によるものや、仕方なくという場合でも事細かく理由を記載することで、相手が引いてしまうからです。バツイチであることを引きずりすぎ、という印象も与えてしまいます。
また、「再婚したい」という気持ちを全面的に押し出すのもNGです。相手がプロフィールを見て、会ってみたいと思わせることがプロフィールなどの書き方のポイントとなります。再婚をあせっている様子が伝わると、最初からプレッシャーを押し付けることになるので、多くの出会いを逃す可能性が高いのです。

成功のコツ2・条件を絞りすぎない(理想が高すぎるのはNG)

マッチングアプリで出会う人を最初から高い条件設定で求めるのは厳禁です。最初から「何歳以上、年収〇〇万円以上、独身、芸能人なら誰に似ている」といった細かい条件を指定してしまうと、理想が高く相手には上から目線でモノを言っている印象を与えます。最初の印象が悪いと、どんな条件の良い人があなたのプロフィールを見ても会いたいと思うことはほぼありません。
会いたくなるのは、「自分でも会ってくれそう」という気軽な印象と明るさを感じさせるタイプです。
「これだけは絶対に譲れない」という条件があれば、それを1つくらい記入しておくことは問題がないでしょう。ただし年収・学歴・容姿・身長の4つのどれかを記入する際には注意が必要です。この条件は、最初からかなり難易度の高い条件を設定することになります。

成功のコツ3・婚活、再婚活を希望する人だけにアプローチする

マッチングアプリは出会い目的、友達目的で利用する人も少なくはありません。
自分がもし再婚や婚活を本気で行おうと考えているのなら、こうした軽い気持ちの方との希望とはマッチしません。出来るだけ最初から「結婚を前提に」「婚活を重視している」ことをプロフィールに記載している方にアプローチしましょう。
将来的に子どもがほしいか、理想の家庭像を記載していることもチェックポイントです。マッチングアプリの中でも、同じように真剣に結婚について前向きである人を見つけたいときには、未来の家庭像がある人が好ましいと言えます。
あなたと一緒に家庭を作りたい、と考えてくれる異性に出会える確率は、将来への展望が明るい人のほうが高まるものです。なおかつ、単なる友達や恋人で良いという人と接しているつもりはないことを、初めからアピールすることで真剣な出会いを期待することが出来ます。

成功のコツ4・メッセージは丁寧に書く

どのようなプロフィールでも、丁寧かつ真面目なものが好まれます。そのほうが相手が誠実であり、出会いを真剣に求めているという気持ちが伝わるからです。
気さくさや陽気さを表現したいという場合でも、プロフィールは「ですます調」で記載するほうが良いでしょう。最初から友達と接する口調の場合、人によっては「上から目線」であると思われたり、「真剣ではない」という印象を与えてしまいます。
同じように、見やすさにも配慮することが大切です。あまりびっしりとプロフィールを書き込みすぎると、読み飛ばされる可能性が高まります。適度に改行する、一行空けるといった工夫が必要です。
どこで区切ればいいか難しいという人は、「。」の位置で改行するといったパターンを覚えると良いでしょう。他の方のプロフィールを見て、見やすいと思えた人の真似をするのもおすすめです。

成功のコツ5・再婚を焦らない

最初から「再婚したい」「結婚したい」ことを強調するのは、プロフィールを読む相手にプレッシャーを与えます。
こちらとしては真剣なお付き合いをしたい、という願いから「再婚」「結婚」をたくさん使ってしまうかもしれません。ところが、マッチングアプリの出会いはまず会ってみることで相手を知ることが、ようやくスタート地点です。スタートする前からあまりにも再婚を急いでいる様子だと、「誰でも良いのでは」という印象を与えてしまいます。
あくまできちんと出会い、相手との心のコミュニケーションを通じた上で再婚がしたいというスタンスを崩さないようにしましょう。
「次がない」とあせると、そのあせりは確実に相手に伝わります。そういった相手は客観的に見ると執着心が強く、会うことそのものを怖がらせてしまうものです。あくまで相手との出会いや会話を楽しむこと、そしてその延長線上に再婚や結婚があることを忘れないでください。

マッチングアプリでバツイチが再婚活をするときの注意点は?

注意点1・遊びやヤリモクに騙されないで!

マッチングアプリで再婚を考えている場合、注意したいのがセックス目的の「ヤリモク」や遊びの出会いです。
真剣な婚活を考えているのに、これらの遊びにつきあっていては他の出会いを減らしてしまい、本気の婚活に割く時間が少なくなります。
最初から遊び目的と公言してる異性は少なく、見分け方が難しいものです。だからこそ、出会ったときには見極めが必要となります。
「プロフィールが雑な書き方で終わっている」「遊びたい、飲みたいという言葉が多い」「自分の写真をしっかり見せない」ような異性は気軽なスタンスの出会いを求めるタイプが多い傾向にあります。すぐに二人きりで会おうとしたり、やたらとお酒を飲む場所に行きたがるのも好ましくありません。
真剣な出会いを求めているときは、甘い言葉に簡単には応じないことが大切となるのです。

注意点2・宗教や投資などの勧誘に騙されないで!

最初からプロフィールに「勧誘お断り」などの文言を入れておいても、宗教や投資、悪徳商法の誘いを完全に避けることは出来ません。
何故独身なのかわからない、というくらいプロフィール写真が良いという場合や、若いのにも関わらず年収が高い、自営業で大金を稼いでいるといった方はこちらからのアプローチは様子見が必要です。
「成功したいならこうするほうが良い」と美味しい話を持ちかけられることが多く、実際に会ったときには自分の成功体験や稼ぐ秘訣を話そうとする傾向があります。
最近はタブレット端末などをあらかじめ用意しておき、説明をすぐに行うタイプも多いものです。
こういう方には通報をする、警察に訴えるといった強い手段に出ることを早い段階で伝えることが必要となります。情で話だけでも、と思わせるのは相手の思う壺です。きっぱりとした態度で臨みましょう。

注意点3・プロフィール詐欺に注意して!

業者の用意した「サクラ」や悪徳商法の勧誘を行っている人物などは、プロフィールをあえて魅力的に仕立てていることが多いものです。
プロフィール写真をしょっちゅう変える美男美女であるときや、職業が「自営業」「自由業」とある場合、そして年齢にあわない高収入である場合は、要注意するべきでしょう。こうした魅力的なプロフィールは、カモになる人を釣るための嘘であることが多いのです。
どちらにしても、「すぐに直接会いたがる」「早くLINEやメールアドレスなど個人情報を手に入れようとする」人は信用出来ないものです。どれほど魅力的な相手であっても、一旦心を落ち着けて会うことは避けるようにしましょう。
「会ってほしい人がいる」といった第三者の介入を最初からにおわせてくるタイプも要注意です。セミナーや宗教は、こうした文言で相手を誘います。
信頼関係を築く前に会おうとするタイプは、どのような場合でも避けたほうが無難と言えるでしょう。

注意点4・安全性の高いマッチングアプリを選びましょう

マッチングアプリは基本的には安全な出会いを提供することを目的としているものです。ところがこれだけ数が増えると、管理体制がずさんである運営も出てきます。
近年はインターネットなどで、「安全なマッチングアプリ」の口コミサイトなどの情報が手に入りやすいものです。出来るだけ自分が登録をする前に、アプリの評判をリサーチすることをおすすめします。
面倒でも身分証明書などの本人確認をしっかり行うアプリや、認証プロセスが二段階、三段階などに設定されているアプリを選ぶことが大切です。
運営会社のサポートが充実しているかどうかも、利用する際にはチェックしたいところと言えます。チャットやメールに24時間体制で応対してくれるか、トラブルが生じたときにどう対応してくれるかといった部分は、アプリ使用前にチェックしておくと良いでしょう。

バツイチの再婚におすすめのマッチングアプリ・再婚で成功するポイントまとめ

バツイチだからと言って再婚に臆病になる必要はありません。

子供がいる、いないに関わらず年齢関係なく恋愛しても良いのです。

一生、パートナーなしで過ごすのは不安ですからね。

ただ、残念ながら再婚というだけで結婚相手から外れてしまう価値観をもっている人も少なくないので、付き合う前にその事は言っておいた方が良いとは思います。

特に子供がいる場合は、最初から伝えておいた方が後々でトラブルにならず、公開する事もあります。

バツイチ関係なく、あなた自身を好きになってくれる人は必ず現れます。

ぜひ、マッチングアプリで探してみてください。

関連ページ:【マッチングアプリ比較料金】相場と一覧を徹底比較します!

 

タイトルとURLをコピーしました