【大学生におすすめのマッチングアプリ】本当に出会える人気の出会い系アプリランキング

大学生におすすめのマッチングアプリを厳選して紹介します

大学生におすすめのマッチングアプリ1・Pairs(ペアーズ)

40代におすすめのマッチングアプリ・ペアーズ

運営会社 株式会社エウレカ
ユーザーの年齢層 20代~60代
会員数 累計2000万人以上
利用目的 婚活・恋活・友達作り
料金 女性:無料
男性:3700円~/月
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・日本国外からの利用禁止
・年齢認証
・通報、ブロック機能
・TRUSTe認証マーク取得

Pairs(ペアーズ)の無料登録はこちら

ペアーズの無料ダウンロードはこちら

大学生におすすめのマッチングアプリ2・タップル

遊びたい40代におすすめのマッチングアプリ・タップル

 

運営会社 株式会社サイバーエージェント
ユーザーの年齢層 20代
会員数 1500万人(2022年8月現在)
利用目的 恋活・友活
料金 男性:3700円~/月
女性:無料
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・年齢認証
・通報、ブロック機能
・TRUSTe認証マーク取得

大学生におすすめのマッチングアプリ3・Tinder(ティンダー)

遊びたい40代におすすめのマッチングアプリ・ティンダー

 

運営会社 MG Japan Services 合同会社
ユーザーの年齢層 20代~50代
会員数 1070万人(2022年5月現在)
利用目的 恋活・友活
料金 Tinder+1200円/月~
安全対策 年齢確認
セーフティセンターの導入
通報機能

 

大学生におすすめのマッチングアプリ4・カップリンク

遊びたい40代におすすめのマッチングアプリ・カップリンク

 

運営会社 株式会社リンクバル
ユーザーの年齢層 20代~30代
会員数 150万人(2021年12月現在)
利用目的 恋活・婚活
料金 男性:3800円/月~
女性:無料
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・年齢認証
・通報、ブロック機能
・TRUSTe認証マーク取得

大学生におすすめのマッチングアプリ5・With

運営会社 株式会社with
ユーザーの年齢層 20代中心
会員数 1070万人(2022年5月現在)
利用目的 恋活
料金 月額3,600円(税込)~(女性無料)
安全対策 電話番号認証
年齢確認
24時間365の監視体制
MSPJに加盟している

大学生におすすめのマッチングアプリ6・Omiai

シニアにおすすめのマッチングアプリ・omiai

運営会社 株式会社ネットマーケティング
ユーザーの年齢層 30代~60代
会員数 累計800万人以上
利用目的 恋活・婚活・再婚活
料金 ・女性:無料
・男性:3980円~/月
安全対策 ・24時間365日の運営パトロール
・通報、ブロック機能
・イエローカード制度(回数に応じて強制退会となる)
・年齢認証

大学生が出会えるマッチングアプリ/迷ったらPairs(ペアーズ)がおすすめ

ペアーズは男性・女性ともに20代のユーザーが50%以上

ペアーズはマッチングアプリに初めて登録する方におすすめなアプリになります。難しい操作はなく気になる相手に「はい」か「いいえ」で答えるだけなので操作がとても簡単です。
マッチングアプリは始めるだけではなくその後の操作が難しいとされがちですがペアーズは設定の操作も教えてくれるので初めて使う方にはおすすめなマッチングアプリになります。大学生から20代、30代におすすめなマッチングアプリとなっております。会員数の大半は20代で占められており、それぞれが常に出会いを求めています。
またマッチングアプリが多すぎてどれを登録すればいいのかわからないこともありますので大学生の利用が多いペアーズがおすすめになります。?

ペアーズはユーザー数が業界最大級!地方でも出会いやすい

ペアーズだけではなくほかのマッチングアプリとなると出会いは都会というイメージがつきます。これは婚活パーティーや街コンと一緒で「東京に行かないとマッチングアプリが使えない」「都会に行かないと出会いがない」というイメージがあるかもしれません。ですがペアーズは地方に住んでいても出会いはあります。この大きな理由として会員数が多いからです。ペアーズは総会員数約1500万人以上を誇るマッチングアプリでこれは日本最大です。なので上手くやりとりすれば地方在住でも簡単に見つかることもできます。そして都会とは違う全く出会わない人と出会うこともできるのでどちらかというと地方在住の方と出会う可能性が高いのかもしれません。

ペアーズはお相手検索まで無料!気軽にお試しできる

ペアーズは女性の場合は完全に無料で利用できます。しかし、男性の場合はメッセージ2通目からは有料になります。ちなみに値段は4800円になります。そして「検索機能」がついておりプロフィールと一緒に検索すると効率よく出会いを探すことができます。ただし、同性と名前での検索はできません。この検索機能をうまく使いこなすと異性と出会う確率が高くなります。その際に自分のプロフィールはしっかりしてください。自分の趣味や休日は何をやっているのかなどをはっきりと記載してください。気軽とか、効率よくとか言いましたがまずは自分のプロフィールを利用してから異性へアピールしてください。お相手検索は無料ですのでそちらもうまく利用してください。

ペアーズは男女比が6:4だから出会いやすい

ペアーズの利用比率は男女比が6:4です(6=女性、4=男性)。これは、ほかのマッチングアプリよりも多めの比率になります。これは女性の方が多く、男性は有利になってきます。そして女性の利用者が多いマッチングアプリは結構珍しいです。ほかのマッチングアプリですと会員が男性が多いことありますので気になった女性とのやりとりが余計難しくなることがあります。逆にペアーズは女性の利用者が多いのでライバルが少なく出会うことができます。また女性の利用者が多いマッチングアプリは女性側が婚活アプリとして真剣な出会いを求めているからです。なのでどちらかというと女性の方がやりとりなどでグイグイしている方が多い傾向にあります。

大学生におすすめのマッチングアプリの選び方

選び方1・大学生のユーザー数が多いアプリを選びましょう

大学生でもマッチングアプリを利用することができます。アプリごとに違いはあると思われますが基本的にはマッチングアプリの利用規約では18歳以上であれば利用することができます。なので大学生も利用できます。
しかし、大学生でもそれぞれ目的のあった出会いを求めている方があります。まずはお友達から、いろいろな人と交流してみたい、趣味の友達を作りたいなどと目的は様々です。その目的の中の一番は「素敵な出会いを求めている」「素敵な恋愛をしてみたい」という思いからだ。会員の方々は目的があって利用しているので大学生だから、暇だからといってむやみに登録するのはおすすめできません。また、初めて登録する人もたくさんいらっしゃるのでまずは大学生が多く利用しているマッチングアプリを利用するといいでしょう。

選び方2・目的に合った出会いができるアプリを選びましょう

まず一番に考えるのがマッチングアプリをどういう目的で使うかということだ。
マッチングアプリを利用している人は基本的に真剣な出会いを求めています。これを大前提として相性が同じ、同じ趣味を持った人、年上年下と付き合いたい、まずは気軽に友達から知り合いたいなどと目的は様々です。
これらの目的は大学生だけではなくマッチングアプリを利用している世代全てが当てはまることだと思います。なのでアプリを探すのであればまずはこういった目的を持ってからマッチングアプリを利用するといいでしょう。こういった目的を持ってマッチングアプリを利用していくと相手をマッチングする可能性がありますので目的を持って利用しましょう。逆に何もないと「その程度の人間」と扱われてしまうこともありますので注意してください。

選び方3・本人確認を徹底しているアプリを選びましょう

マッチングアプリを利用する上で絶対に必要になってくるのが本人確認になります。これがないマッチングアプリは怪しいマッチングアプリだと過言しましょう。また、なりすまし防止、年齢確認のための本人確認ということでもあります。マッチングアプリでのなりすましは禁止となっております。マッチングアプリは18歳未満の利用は禁止となっておりますのでそれを逆手に年齢を偽って利用している可能性もありますので本人確認と身分証明書が必要になってきます。これらは登録する上で少し怖いかもしれませんが登録すれば何も問題なく利用することができます。それほど本人確認を求めるマッチングアプリは安心安全に作られているということになります。?

選び方4・即日会いたい人はデーティングアプリがおすすめ

デーティングを直訳するのは難しいですがざっくり説明すると「友達以上恋人未満」ということです。
ただ、これだけでもわかりづらいかもしれませんが「お試しでデートする」と説明したほうがいいでしょう。いきなりあって付き合うとなるとちょっとハードルが上がることがあります。しかし、何回かデートを重ねお互いのことを知るようになってから最終的に付き合うということになります。
このデーティングは主にアメリカでの恋愛に当てはまることがあります。そしてデーティング期間中にほかの相手と付き合ってもいいという暗黙の了解が存在しています。ちなみに日本ではこれらは浮気にあたります。このデーティングをマッチングアプリでも当てはめることもできますので即日会うという人であれば利用してもいいでしょう。?

選び方5・コスパ重視の人や無料で使えるアプリを選びましょう

マッチングアプリを利用したいがお金がかかるということもあります。?ペアーズのようにほぼ無料で利用できるアプリを選びましょう。マッチングアプリの利用は有料での利用になることがい多いのでマッチングアプリやその利用しているアプリの値段によってはコスパはあまりよろしくないです。特に大学生とかは出会いを求めているからといって無理にお金をかけてしまうと金欠になりかねませんので無理のない利用の上に男性の場合はマッチングアプリの利用は慎重に行いましょう。また真剣に出会いを求めているのであれば利用しても構いません。ちなみにペアーズは女性の利用は無料であり男性は4800円になります。これはほかのマッチングアプリと比べて格安な価格となります。

大学生がマッチングアプリを使うときの注意点は?

注意点1・個人情報を明かさない

まず「出会い」を求めているからといっていきなり個人情報を公開するのは良くないです。出会いではない、何かに悪質に利用されてしまうかもしれませんしその逆として何かと疑われてしまうかもしれません。なのでどちらも相手から距離を置かれてしまいます。特にマッチングアプリ初心者は出会いを求めているのか最初に個人情報を公開してしまいがちです。だからといってプロフィールを伏せすぎるのは逆に出会いを遠ざけてしまいますので「これの情報は自分に悪影響ないから公表してもいい」を考え頃合いをみてプロフィールを書きましょう。そして気になった相手とやりとりして交流を深めていったら自分の個人情報を公開していってもいいでしょう。?

注意点2・遊び目的やヤリモクに注意

ペアーズに限らずほかのマッチングアプリでは真面目に出会いを求めている人もいれば遊び目的で登録している人も存在しています。しかし、マッチングアプリの利用規約に違反するので遊び目的や肉体関係を目的とした利用は禁止されています。もし、これらを含めた迷惑行為を行った会員は一般の会員にもわかります。ですが一見すると全くわからないがほとんどです。プロフィールだけではとても難しいです。仮に、わからないままやりとりしたり実際に会ったりすると嘘と同じでボロが出てくるかもしれません。そうなってしまったら自分に危害が及ぶ前にちゃんと確認と注意が必要になってきます。マッチングアプリを利用している人たちはみんな真剣な出会いを求めています。?

注意点3・プロフィール詐欺に注意

こちらも同じで利用規約に違反している可能性がありますので禁止となっています。プロフィールに嘘を書くということは当然ながらやってはいけません。これはプロフィールだけではなく年収、学歴、職歴、身長、写真などの詐称も該当します。また浮気や既婚者が紛れていることもあります。こちらは自己申告制なのでわかりづらいです。出会いを求めている人の集まりではあるがそれにこだわっているからといって嘘を書くのは良くないです。そうでもなくても同じです。これは詐欺にも当てはまっていることなのでやってはいけません。最悪の場合、強制的に退会されられますし、相手が既婚者だとその相手方から慰謝料の訴えも起こされる可能性もありますので見抜くようにしましょう。

注意点4・宗教や投資などの勧誘に注意

こちらも嘘という点では少し当てはまっているのかもしれませんがマッチングアプリの利用が「出会い」ではなく宗教や投資の勧誘のためということもあります。これら勧誘も悪質だと捉えられることがあります。こちらも最悪な場合、強制的に退会だけではなく警察に逮捕させられます。
この宗教・投資の勧誘はマッチングアプリを利用する際の注意点でも厄介な注意になります。安心安全なマッリングアプリでもそうやって勧誘する人は実は存在しいるからです。そしてそこから入会する人も存在しているのです。なのに見抜くのは難しいです。このような目的でマッチングアプリを利用しているということは法的に引っかかることもありますので注意が必要です。

注意点5・安全性の高いマッチングアプリを利用しよう

初めてマッチングアプリを利用する方はそれなりに目的を持って利用しましょう。暇つぶしや気まぐれは真剣に出会いを求めている人たちに失礼なのでそれでしたら利用をすすめません。また性的関係が目的な人の利用は禁止となっております。自分が知っている有名なマッチングアプリを使いましょう。そこから本人確認がしっかりしている、詐称していないかなどを確認しましょう。また利用料が無料、もしくは格安でコスパの良いアプリを選びましょう。金額が安いと安全性が低くくなりがちと思われることもありますが実際はそんなことはないです。ペアーズなどのように安全面から常に監視やサポートが行われているので安心して利用していただいても良いです。

大学生がマッチングアプリで理想の相手に出会うコツは?

運命の人と付き合うまでが長いのよくある質問

コツ1・好感を持たれるプロフィール写真にしましょう

理想の相手に出会うことを目的とするのであれば、交換を持たれるプロフィール写真を作ることが重要です。人間、相手のイメージを連想するのは写真からになり見た印象が一番相手の印象を受け止めやすいです。なので、プロフィール写真で相手を威圧するような腕組みをしている写真をプロフィールに選ぶというのは理想の相手に出会うという方向においては最低の写真になります。特に相手を威圧したり、何か近づきたくないというような印象を与える写真は望ましくなく、相手の心が離れてしまうようなものをプロフィールの写真に使用するのは望ましくないです。そのため、写真は清潔感も重要ではっきりとあなたの写真であると分かるような写真である必要もあり、手振れなどでブレブレの写真ははっきりとあなたであると認識できないのでお勧めしません。

コツ2・プロフィールは丁寧にしっかりと埋めましょう

プロフィールが丁寧にしっかりと埋まっていないというのは、やる気という物を感じ取ることができず、個人の印象を写真からすべて想像するということになるため、望ましくないです。写真からの印象の場合、問題となるのは、性格を知れない点、趣味も知れない点で外見の印象ですべて連想という形で判断されます。ということは、見た目第一主義という考えに移行しやすく、イケメンじゃあないから嫌だとか美女じゃあないから嫌だという理由で相手を拒否してしまいがちです。プロフィールがしっかり埋まっていると容姿から相手を選択するかという選択肢のほかに、相手が与えてくれた趣味とか性格から相手を受け入れようかと考えますのでプロフィールの情報がいかに重要であるかは理解して頂けるかと思われます。

コツ3・メッセージは丁寧に返しましょう

丁寧にメッセージを返せないというのは、問題があると言ってよいです。なぜなら、相手からくるメッセージというのは、好意の表れであり、好意の表れにおいて丁寧に応じることができない場合、社会人としてみてどうであるかという部分が疑われます。ただし、相手のメッセージ文章がどこかテンプレートのような感じで、かつ怪しい文面が見られるという場合、即座にメッセージを返す必要性はありません。この場合、相手が再送信という形で同じメッセージを送ってくるかどうかを確認してから相手にメッセージを送るのが望ましく、似たような文面である場合、業者というマッチングアプリを悪用してビジネス展開をしている事業者の可能性が高いのでスルーをするということを検討する櫃統制も生まれます。

コツ4・焦って会うのはやめましょう

焦って相手に会うのは微妙な判断で、相手のことを理解する前に会おうとするのは望めません。そして相手からお会いしましょうという反応があってもあせるのは禁物で、なぜ相手側もあわてて会おうとしているのかという点を注意するのが重要です。つまり、この問題は、双方があまり面識がない点、そのうえでやり取りも頻繁でなかった場合、なぜ急にお会いしようという流れになったのですかという部分が重要な部分です。この場合、どちらかが、業者という人物でビジネスの話を持ち掛けるために焦って会おうとしているのではないかとも見て取れます。焦って会うという点が問題なのは、相手の了承を強制している点で嫌だと言いう雰囲気を出しにくい点です。そして嫌だということを述べると強引に会おうとする点が最大の問題で拒否権がない場合、それは脅迫と変わらないです。

コツ5・コミュニティなどに参加して価値観の会う人を探しましょう

コミュニティに参加をして価値観の合う人を探すのが、マッチングアプリで理想の相手に出会うコツの一つです。なぜなら、コミュニティは自分と同じ価値観の人を探す憩いの場であるがゆえ同じ共通点を持つ仲間がいるがゆえです。もちろん、コミュニティに参加をして追放という流れになりますと同じ共通点を持つ人物のすべてから拒否されたということになりますので、コミュニティに参加をした場合、社会人としてのマナーを守る必要性がありますが、参加をすればその見返りにおいて同じ価値観を持つ人物と情報を共有できるという強みを持てます。この強みを生かせば、コミュニティを通してイベントなどの情報を知ることもできれば、コミュニティを通して要注意人物を知ることもできるのです。

大学生のマッチングアプリ利用に関するよくある質問

知らない人に会う事に抵抗がありますが安全性は大丈夫でしょうか?

安全性ですが、安全性は絶対ではありません。というのも、マッチングアプリは、個人情報を知らず知らずのうちに渡してしまうことがあり、特定されることも多いのです。よって、自分から個人情報を話すなどの他、第3者の手によって個人情報が暴かれた場合、身バレすることもありますので安全性は高いと言い切れません。マッチングアプリの安全性は、セキュリティの安全性は安全だと言えますが、個人一人一人が情報を第3者に話してしまい、身バレするということについては安全性を保障していないのです。よって通信システム自体は安全であるが、通信システムを利用してやり取りしている情報についてまでは保証していないです。

友達などにマッチングアプリを使っていることがバレることはありますか?

友達などにマッチングアプリを使っていることがバレるか、ですが、バレることはあり得ます。なぜなら、友達も参加している場合などでバレることもありますし、アカウントのネーミングセンスなどで人物が特定されたこともあるため、バレないと言い切れません。また、マッチングアプリの中にはlineなどのアプリと連動するものがあり、LINEを通じてマッチングアプリに参加をしていることがバレることもあり、LINEと連動しないように調整するなどをしないといけないアプリもあるため、情報をやり取りするサービス、LINEとかTwitterを利用しているとバレることはあります。

サクラや業者などは本当にいるのでしょうか?

サクラや業者ですが、存在しています。サクラは、利用者の水増しという形で存在しているんですが、これはよほど大きなアプリでないと早々見かけません。問題は業者の方でこちらは小さい規模だろうと大きい規模のマッチングアプリだろうと存在しており、ビジネスを持ち掛けるために業者であると分からない様に待機しています。どちらかと言うと業者の方が危険でその理由は業者は、接触を果たすとビジネスについてのお話をし始めお会いしてから初めて相手の反応を見て業者であると分かるので会ってみるまで業者だと分からない点が問題です。

大学生の3割がマッチングアプリを使っているって本当ですか?

大学生の3割が、マッチングアプリを使っていると言われています。ですがあくまでアンケートでの結果ですから、本当に3割の人がマッチングアプリを使用しているとは言い切れません。というのも地方の大学と首都圏の大学においてはマッチングアプリのマッチング率が異なるため、地方の大学生はマッチングアプリを使用する理由が存在しません。マッチングしないのですから使用する理由が無いというわけです。よって、アンケートを行った場所が都会の大学エリアであればマッチングアプリを使用する分母が異なるため、3割の人が使っていても不思議ではないですが、日本全国の大学生の3割がマッチングアプリを使っているというのは疑問があります。

Fラン大学なのですが、学歴は重視されますか?

学歴を重視する人がマッチングアプリを利用していた場合、学歴は重視されます。これは早い話が、お見合いなどでも学歴を重視する人は学歴を重視します。それと同じで、学歴を重視する人がマッチングアプリを利用していた場合、学歴は重視されFラン大学の方ははじき出されるでしょう。ですが、学歴を重視しない人の場合、学歴は関係ありませんので、特に高学歴がマッチングで有利になるということはないです。ただ、学歴は高いと利点もあり欠点もあるので、好みの問題で利用者側が高学歴を嫌った場合、学歴は関係ないのです。

大学生におすすめのマッチングアプリの人気ランキングまとめ

大学生におすすめのマッチングアプリの人気ランキングについては、withがかなり好評で、1位とみてよい首位をキープしています。これは大学生が多いという方向性から高い人気を得ており、withに続く形でペアーズが食い込んでいます。そして気軽さを重視できるタップルが3位に食い込むなど気軽さを重視するアプリもなかなか好評です。一方、大学生にマッチングアプリとして不評なのが、ティンダーやペアフルで、マッチングアプリとして使いにくい点や、マッチングしない点などが指摘されています。そのうえで、好評であるマッチングアプリを分析すると見えてくるのが20代に支持されているマッチングアプリ群が多い点で、マッチング機能が十分に役割を果たしている物は人気が高いです。

関連ページ:【マッチングアプリ比較料金】相場と一覧を徹底比較します!

タイトルとURLをコピーしました