スポンサーリンク

結婚に向いてない男と向いている男の特徴と見極め方と自覚は?

スポンサーリンク

結婚に向いてない男は自覚してる?

結婚に向いてない男は自覚しているかどうかですが、自覚している人としてない人がいます。

自覚している人は、そもそも論において女性の方を不要であると考えているが故、結婚に向いていないのです。

だから、結婚相談所に行くこともなく、結婚する気がない男になるわけです。

しかし、自覚なしの方の場合、女性の方を不要であると考えていないんですが、女性が嫌がる性格故、結婚相談所に行っても残念ながら相性が合わずに結婚できないのです。

このとき、結婚できない人は、自覚がない方の場合、相性が悪いことについて事故に責任がないと考えるが故、結婚に向いてない男になるのです。

よって、結婚に向いてない男は自分が結婚できないことを自覚しているかどうかについては、自覚している人としていない人がいて、結婚相談所に通うか通う必要がないと考えているかで自覚度合いがわかります。

自分のことを積極的にやらない

結婚に向かない男性というのは、自分のことは自分でやるという欠点がある人が多いです。通常、このような男性は、娯楽ややることのアイデアについて、パートナーに大きく依存しています。ただぶらぶらしたり、同じ店に食べに行ったり、同じ映画を見たりすることで満足するのです。このような男性は、最初はとても献身的で、パートナーに世界を捧げようとしますが、そのような態度は徐々に退屈になり、満足し、日常から離れたことをしようという意欲がなくなります。自分自身を成長させ、より大きな存在になろうとする意志がなければ、結婚には不向きなのです。

自分の時間を過剰に欲しがる

結婚に向かない男性のもう一つのサインは、自分の時間を過剰に欲しがることです。このような男性は、自分の時間を非常に大切にし、誰かと一緒にいることを嫌がります。このような男性は、パートナーとの時間を作ろうとせず、常に自分のニーズや欲望を優先する、冷淡でよそよそしい印象を与えるかもしれません。このような男性は、結婚のことよりも自分のことを考えがちで、長期的なコミットメントには向かないでしょう。

お金の使い方も独身貴族

パートナーの欲求やニーズを無視する傾向があります。経済的なストレスがあるときでさえ、これらの男性はパートナーや結婚生活の必要性ではなく、自分のお金の使い方を優先させます。結婚生活がうまくいくように努力したり、犠牲になったりすることはなく、自分のために高価な品物や投資をすることを選びます。

行動や態度によって、すべての男性が結婚に適しているわけではありません。自分が不向きであることを自覚している男性もいれば、そうでない男性もいます。自分のことを積極的にしない男性から、自分の時間を過剰に欲しがる男性、お金の使い方が独身貴族的な男性まで、結婚に向かない男性のサインはたくさんあります。もし、自分の恋愛に共通する行動として、これらのどれかに心当たりがある場合は、結婚がお互いの感情的、肉体的、精神的な準備ができているかどうかを確認するために、パートナーと話し合う価値があると思います。

結婚に向いてない男と結婚に向いている男との違い

付き合ってないのにクリスマスイブデートに誘ってきた

結婚に向いている男と向いてない男の違いは、話を聞くかどうかです。

そのため、経営者の方で独身が多い男性とか女性が多いというケースがありますが、あれは周囲の話を聞かずに自分で決めるタイプの人はたいていが結婚してないです。

なぜなら、相手の意見を聞かずに何でも自分で決めて自分が正しいという男性とか女性は、パートナー側からすれば自分の意見が通らないわけですから、決定権のすべてがないのです。

よって、結婚して相談するというような人生の楽しみを得ることもできないのが結婚に向いてない男性に多い話を聞かないという正確になるのです。

よって話を聞かない男性は結婚はまず無理で、話を聞いてくれる人は、人生において人生設計にゆとりがあり、相手の要望を受け入れてくれることから安心が生まれ結婚に向いている男性となるのです。

憧れの人と一緒にいてラクなのが違い

特に、憧れの人と一緒にいることと楽をすることの違いが十分に理解されていない場合、パートナーとの理想的な関係を持つことは、管理するのが厄介な場合があります。憧れの人と一緒にいることは、理想的な恋愛のゴールと思われがちですが、多くの場合、良いことよりも悪いことの方が多いのです。一方、楽であることは、人々の距離を縮めるだけでなく、つながりを保ち、互いを心から楽しむことを助けることができるのです。

ドキドキや刺激と安心と癒しの違い

人間関係においては、通常、興奮や刺激が第一の目的ですが、時間の経過とともに、それが安心や癒しに置き換えられていくことがあります。このパラダイムシフトは、対立や誤解を引き起こす可能性があります。興奮や刺激は強い感覚を生み、短期的にはより楽しいかもしれませんが、必ずしもパートナーとの真のつながりにつながるわけではありません。逆に、安心と癒しは、カップルがオープンにコミュニケーションをとり、お互いを信頼し、愛し合い、永続的な絆を育むための安全な空間を作り出します。

自分の得意分野が似ていると自分の不得意を相手の得意で保管しあえる

夫婦の得意分野が似ていると、お互いが相手より優れていることを証明しようとするため、競争意識を持つことがあります。しかし、それは恨みを買ったり、尊敬を失ったりすることにつながります。そうではなく、お互いに似たような強みを持つパートナーであれば、協力し合って、お互いの弱みをパートナーの強みで蓄えることができます。そうすることで、夫婦は、片方の力に頼ってもう片方を浮かせるのではなく、お互いを高め合うことができるのです。結婚に向いている男性とそうでない男性の違いは、「話を聞くかどうか」です。話を聞いてくれる男性は、人生設計にゆとりがあり、相手の要望を受け入れてくれるため、結婚に向いていると言えるでしょう。したがって、理想の関係を築こうとする場合、憧れの人と一緒にいることと楽をすることの違い、興奮や刺激と安心や癒しの違いを理解し、どちらを育てるべきかを知ることが重要です。さらに、長所が似ているカップルの場合、お互いの短所を一緒に貯める方法を学ぶことで、お互いを高め合い、強い絆を形成することができます。

結婚に向いてない男の特徴

40代の婚活アプリの選び方

結婚に向いてない男性の特徴は、まず話を聞きません。

そして自分で決断して自分で行動するんですが、決断が間違ってようと正しかろうと周りの意見を聞かないです。

そのうえで、自分の決断が正しいと居直りかなり偉そうにふるまうため、周囲はうんざりしてしまうのです。

こうした男性は絶対に結婚できないといってよく、相手の話とか忠告を聞かない人物に対しては、振り回されるだけですから、結婚する側は全くメリットがないです。

そして、結婚せずともそうした男性がいること自体にメリットがないため、話を聞かない人が経営者である場合、たいていの社員が経営者に振り回され地獄を見るのです。

地獄を見るのが嫌だから、たいていの女性は本能的に自分で勝手に決断して偉そうな人物は避けるのです。これは男性も同じで、女性側が何でも自分で決断して偉そうである場合、まず付き合いません。

子供に興味がなく、見ても何も感じない

結婚に向かない、父親としての資質がない男性は、子供に興味がなく、子供を見ても温かみを感じない。子供を大切にする本能がある人もいますが、そうでない人は、愛情を注がれずに育った子供に、心理的・精神的に深いダメージを与えてしまうことがあります。このような男性は、自己中心的で、誰よりも自分の欲求を優先させる傾向があります。このような男性は、自分自身を愛する以上に子供を愛することができないので、恋愛では避けるべきでしょう。

ギャンブルがやめられず、自己管理ができていない

結婚に向かない男性は、日頃からカジノに足繁く通い、過剰なギャンブルをしている人でもあります。ギャンブル依存症の人は、衝動的になり、結果を考えずに決断する傾向があるため、ギャンブル依存症はお金のかかる趣味であり、避けるべきものである。自制心のない男性がギャンブルを止められないと、人間関係に壊滅的な影響を及ぼし、その人の経済的、精神的健康の両方に悪い影響を及ぼします。ギャンブルはまた、人間関係における信頼と安心の問題をもたらす傾向があるので、この種の行動は、その男性が結婚に適さないことを示す強い兆候として受け止めるべきです。

仕事が続かなく、経済的に安定しない

結婚を成功させるためには、男性が家族を経済的に養うことができなければなりません。したがって、男性が仕事を続けられず、経済的に扶養できない場合は、結婚にふさわしくないということになります。男性が安定した収入を得、責任を持って家計を管理していれば、責任感があり信頼できるパートナーであることを証明できます。それができない男性であれば、結婚は得策ではないかもしれません。

男性の結婚適性を考えるとき、重要な特徴がいくつもあります。人の話を聞けない、子供に興味がない、ギャンブル依存症である、経済的に安定していない、といった男性は、一般的に結婚に向かない男性であると考えられています。したがって、これらのような結婚に向かない男性であることを示唆するサインに気を配り、プラトニックな関係を維持したほうがよいかもしれないと考えることが重要である。

【結婚に向いてない男】見極め方

簡単に結婚に向いてない男を見極めたいのであれば、話をしてみて自分から意見をした際に、意見を遮る男性でかつ、意見に対して反対意見ばかり言うかを見れば、簡単にこの人物は結婚できないと見極め可能です。

というのも結婚できない人物は、たいていが自分に対して変に自信があり相手の意見を遮り相手が間違っているといいます。

なので、反対意見ばかり言って相手を不快にさせているなと感じた場合、まず結婚できない人ですし、そうした人がまず社長である場合、ほぼ間違いなく結婚できません。

つまり、やさしさというものを一切感じず、自分の力で社長になったということにこだわっている人の場合、結婚に向いていないどころか結婚してはいけない人です。

なぜなら、結婚後に意見することが許されないと仮定して場合、結婚のメリットが一切なく、異性は単なる奴隷でしか過ぎないということになるため、結婚してはいけない人です。

人より金遣いが荒い

結婚に向かない男性であることを示す赤信号のひとつに、過度にお金を使う傾向があることが挙げられます。一見、無害な習慣のように思えますが、結婚相手にも同じことを期待する可能性があるため、すぐに問題になってしまいます。特に、豪華なものを買って、相手にも同じだけのお金を出すように要求するような習慣がある場合は、なおさらです。

こだわりが強く思い通りにいかないと不機嫌になる

結婚に向かない男性は、たいていこだわりが強く、自分の思い通りにいかないと不機嫌になる傾向があります。自分のやり方が決まっていて、なかなか変化を受け入れないのが普通です。また、どんな状況でも自分が正しいと思っていることが多いので、話しにくいこともあります。結婚生活を成功させるためには、コミュニケーションと妥協が不可欠ですから、このような振る舞いは、夫婦にとって良い結果をもたらさないでしょう。

 噓を平気でつく

男性が結婚に向いていないことを示す最も明白な兆候の1つは、その男性が嘘つきである場合です。嘘は、友情であれ結婚であれ、あらゆる関係を終わらせる最も手っ取り早い方法の1つです。過去に嘘をついたことのある男性は、機会があればこれからも嘘をつき続ける可能性が高いです。嘘をつくと、夫婦間の信頼関係が希薄になり、やがて関係が破綻して結婚が解消されることもあります。

結婚に向かない男性を見分けるには、その行動に注目することが大切です。人一倍お金を使う傾向があったり、こだわりが強く自分の思い通りにならないと不機嫌になったり、平気で嘘をついたりするようなら、結婚相手として成功する可能性は低いでしょう。恋愛を評価する際には、このことを念頭に置き、コミュニケーション、妥協、誠実さが、結婚生活を成功させるために不可欠であることを忘れないでください。

おすすめのマッチングアプリ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリの評判と実際の評価は?

結婚に向いてない男のまとめ

結論として、結婚に向かないかもしれない男性の特徴を知っておくことが重要です。利己的で思いやりがなく、不誠実な男性は、長期的な関係を築くのに最適な相手とは言えないかもしれません。また、妥協したり、自分の行動に責任を持とうとしない人は、約束された関係の要求に対応できるほど成熟していないかもしれません。さらに、結婚に踏み切る前に、パートナー候補が家族や友人とどのように接しているかを観察することが重要です。このことは、彼が最終的にどのような夫や父親になるかを示す指標となります。このような兆候に早い段階で気づき、関係性の中で生じる危険信号に対処することで、自分に合った人を見つけるチャンスが増えるでしょう。
最後に、恋愛に関して完璧な人はおらず、すべてのパートナーに欠点があることを心に留めておいてください。しかし、結婚に適さない男性の特徴を知り、潜在的なパートナーが双方にとって有益な資質を持っていることを確認することで、結婚生活を成功させる可能性を高めることができます。このような知識があれば、特別な人と長期的な関係を結ぶ際に、十分な情報を得た上で決断することができます。

関連ページ:【マッチングアプリ比較料金】相場と一覧を徹底比較します!

結婚に向いてない男のよくある質問

一人が好きで結婚に向いてない男

一人でいることが好きで、結婚という概念に馴染めないという男性もいるようです。その独立心は賞賛に値しますが、その反面、大きな孤独の源となることもあります。このような男性は、交際を切望していても、有意義な人間関係を築く意欲や能力に欠けていることが多いようです。孤独の原因は、個人的な好みや劣等感から、他人と交流することができないからかもしれません。

関連ページ:一人が好き結婚向いてない男の特徴と?結婚に向かない女性を成功させる

結婚生活がしんどい

結婚は美しい結合ですが、それを維持するためには大変な努力が必要です。その原因には、結婚生活そのものに起因するものと、外的要因によるものがあります。本来、結婚生活では、難しいテーマについてパートナーと正直に話し合うことが必要ですが、これがしばしば緊張を生むことがあります。

関連ページ:結婚生活がしんどいから不幸?ストレスの対処法と結婚に向いていない人の特徴

アプリの結婚で後悔

アプリとの結婚という過ちを認めざるを得ないのは、深い後悔の念があるからです。これは、私が急いで下した非合理的な決断であり、今となっては、それが賢明でなかったことを理解しています。今にして思えば、アプリと結婚することで喜びや満足を得られると考えることがいかに愚かであったかがわかります。

関連ページ:アプリ結婚で後悔は幸せになれる?離婚率は?後悔した瞬間と理由

結婚に向いていない女性

女性には、結婚に適さない特徴があります。例えば、不誠実や人を操るような行動をとったことがある、健全な人間関係を築いたり維持したりすることができない、薬物やアルコールの乱用傾向がある、約束を守る気がない、自分勝手で他人の気持ちを無視する、コミュニケーションを通じて親密さを深めることに関心がない、忠誠心や信頼性を示すことが難しい、などです。

関連ページ:結婚に向いていない女性と結婚向きの女の特徴と一人っ子は結婚は向いていないという診断